彩樹衛生

つるぺた体罰少女

一水社:いずみコミックス:ISBN4-87076-384-2

149ページ:10話(短編)

平成11年6月20日:\860(\819)


けっこうタイトルどおりな本。とは言ってもシリアスな話ではないので、体罰って感じではないですけど。

前半は結構不条理なオチとか話が多いです。「ペットだジョー」なんて、お尻に入れておしっこしたら口から出てくるってだけの2ページだし。

表題作の「つるぺた体罰少女」は、妹を守るために男達におもちゃにされるお姉さんの話。お姉さんは結構ウェットだけど、妹は超クールです。

少女にボンテージ着せたりするんでそれなりに鬼畜ですが、そう構えて読むほどようなシリアスな内容ではないです。

 


小さなペット

一水社:いずみコミックス:ISBN4-87076-485-7

149ページ:10話(短編)

平成14年1月1日:\860(\819)


ちっちゃいの、ねこみみ、ロボットまで、なかなかバラエティに富んだキャラが登場します。といってもエロマンガですから、ロボットはロボットに見えませんけどね。

所々にギャグが入るのが気になります。家族に何かを強要されてるような無理矢理系か、ほのぼのした脳天気系に分けられると思います。

絵柄は好みが分かれるかも知れません。あまり緻密に書き込むタイプでは無いです。