さらだまさき

X・ランチ

東京三世社:DO COMICS:ISBN4-8126-0490-7

163ページ:10話(短編)

平成11年11月31日:\880(\838)


巻頭の3話が1つの学校を舞台としたお話で、それぞれがどこかでつながっています。この調子で1冊描いてほしかった気もしますが...。

ロリな話もありです。

 


ミルクシステム

フロム出版:BELLE COMICS:ISBN4-89447-105-1

167ページ:10話(中編+短編)

平成14年5月31日:\920(\876)


4話構成の中編「タイトル」他に2話構成のお話が2つあるんですが、これが完結してるのかどうか判断つきませんが、お話として中途半端です。構成や設定は結構凝ってる感じなので、もったいない気がします。

絵はきれいです。トーンを多用せず、線で筋肉の動きを描写してるのがいいですね。筋肉をきちんと描くことで、少女の体の華奢なところが逆に強調されていて、いい感じです。

実用性は高いですが、ちょっとエロがお話に喰われているような気はします。